【立体から考える美少女の描き方】キャラクターのアオリは肩の角度から描くのがコツ!

アオリ

  • キャラクターイラストを描こうとしているけど全身のアオリがうまく描けない
  • いろいろ調べているけど解決方法がわからない
  • 描き方のコツや参考書があったら教えてほしい!

キャラクターのイラストの初心者の人とって、アオリの全身を描くのは難しいと思っている人も多いと思います。

こんな悩みに答えます。

こんにちは、フォックスです

ゲーム業界で働きながらブログでお絵かきスキルアップ情報を発信しています

今回はキャラクターのアオリの描き方について知りたい人に、『立体から考える美少女の描き方 88のコツ!!』(中塚真)をご紹介します。

結論からいうと、アオリは肩の角度を決めてから描くのがコツです。

肩の角度から全身を描くまでの工程を説明しますので、最後までお読みください!

肩の角度を決めてから全身を描く

アオリの絵を描くときは肩の角度から決めます。

多くの人は頭から描くと思いますが、頭を先に描くとその頭が邪魔になって肩の角度が甘くなってしまうからだと本書は言っています。

肩の角度を決める

最初に肩の角度を決めて線を引いて、全体を四角く描きます。

ただの線ですがこれが肩の角度です
図のように四角を描きます
アイレベルを入れる

頭を描いて低い位置にアイレベルを引きます。

今回は膝くらいの位置にアイレベルを描きました
消失点を決める

消失点を決めて肩のラインや足元とつなげます。

消失点を入れて肩と足元をつなげます
ざっくりと人型を描く

ざっくりと人型を描きます。

パース線を追加する

手やひざの位置にさらにパース線を追加します。

肩、肘、手首、膝、足くびの位置にガイド線を追加します
形を整える

パース線をもとにして人形を整えていきます。

ガイドをもとに関節のラインを整えていきます
女性らしいシルエットになりました

胸の形を整える

次に胸の形を整えます。

正中線とアバラドームを描く

体の中心に正中線を引いて、肋の立体(本書では「アバラドーム」と呼称)を描きます。

胸の土台を描く

肋の形に対して胸の土台を描き入れます。

胸の形を描く

土台をアタリにして胸の形を描きます。

完成

不要な線を消して完成です。

体全体を立体的に捉える

大まかな全身のアタリができたら、体全体を立体的にしていきます。

輪切りの線を入れて立体感を確かめます

立体的にするポイントは体を輪切りで捉えることです。

ここまでかなりの手間をかけましたが、これでしっかりとしたアタリができました

仕上げる

アタリをベースにデザインを描き込んだら完成です!

完成です!

まとめ

それでは今回のまとめです!

アオリ全身がうまく描けないという悩みについて、肩の傾きから描くという方法を解説してきました。

今回の学習の成果です!

全身のアオリをうまく描くコツ

  • 肩の線から描いて、アイラインや消失点を決めてから全身をざっくりと描く
  • 体の輪切りに捉えて体全体の立体感を出す
  • 以上の工程でアタリをしっかりとってから描き込むようにする

肩の角度から書く方法は悪くないと思いました

またアイレベルや消失点を使うことによって、立体的に捉えることができます

形が取れないという人は今回の方法を試してみてください

この方法は『立体から考える美少女の描き方 88のコツ!!』からご紹介しました。

本書はキャラクターを立体的に描くためのコツがたくさん紹介されていますので、気になる人は読んでみてください。

このブログは初心者クリエイター向けに役立つ情報を発信していますので、ブックマークをお願いします。

フォックスでした、それではまた!

関連記事

2点透視図法【イラスト初心者向け】アオリ・フカンが描けるパースに沿った人物の描き方をわかりやすく解説!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP