あんりみてっどりーむは2021年8月1日でブログ開設1周年!

【キャラクターポーズ】ひねりポーズの描き方【アタリをつければカンタン】

ひねりのポーズをうまく描けない人向けの記事です。

ひねりポーズを描きたいんだけど、難しくて描けない・・・。

描くコツを知りたい。

今回は、ひねりポーズの描き方についてお話しします。

こんにちは、フォックスです!

私もひねりポーズは描くの難しいと思っていたのですが、お絵かき講座パルミーでひねりポーズの描き方を学習したら、コツが大体つかめました。

ひねりポーズが描けると、ポージングのレベルが1ワンランク上がった気がしますよね!

この記事では、ひねりポーズが誰でも描けるカンタンな方法について解説します。

ひねりポーズのポイント

フォックス
フォックス

まず、ひねりポーズのポイントを解説します。

ひねりポーズのポイント!

  • 首のひねり角度は90°まで
  • 体のひねり具合は90°まで
  • 体の側面をつなげる
  • 中心線のねじれをつなげる

ひねりポーズで最も重要なことは、中心線と側面をしっかりつなげることです。

アキ
アキ

なるほど・・・中心線と側面がつながるようにすればいいのか。

ひねりポーズの描き方

フォックス
フォックス

ひねりポーズの描き方を順に追ってみます。

体の中心線を引く

体の中心線となる線を引きます。

胸と下腹の四角形を描く

図形の中心に線がくるように胸と下腹部の四角形を描きます。

胸と下腹部をつなげる

胸と下腹部の四角をつなげます。側面もつなげるようにします。

アタリをもとに体を描く

アタリをもとにして体を描きます。ひねりポーズができました。

【まとめ】単純な形で描こう!

フォックス
フォックス

ひねりポーズは普通に描こうとすると難しいです

中心線と四角形でアタリを取れば、描きやすくなります

ひねりポーズの描き方

  • いきなり細部から描かないこと
  • 中心線と四角形でアタリを取ってから描く

アキ
アキ

これでひねりポーズが描けるようになるかも!

以上フォックスでした。それでは、また!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP