【イラスト初心者向け】基本的な構図の考え方

構図の基本なことがよくわからない人

構図ってなんだろう?じつはよくわかっていない・・・

基本的なことを知りたい

こんにちは、フォックスです

今回は構図の基本的な考え方について説明します

本記事では「お絵かき講座パルミー」で私が学習した構図の講座から抜粋してカンタンに解説します。

構図とは

構図とは、伝えたいことを単純化してフレームに収めることです。

構図を考えたくば白紙に「フレーム」を描くこと

フォックス
フォックス

構図を考える時は、まず白紙にフレームを描きましょう

構図を考えるときは、用紙にフレーム(枠)を描きましょう

フレームを描くことによって、画面の中で何を見せたいかを考えて絵を描くようになります。

主観か客観か

フォックス
フォックス

構図は主観か客観かを伝えます

対象物に寄ると主観的に、対象物から遠ざかると客観的見えます。

感情の伝わり方

フォックス
フォックス

フレームをキャラクターに寄らせると、感情の伝わり方も違ってきます

キャラクターの感情を押し出したい時は、アップにした方が感情移入しやすくなります。

安定か不安定か

フォックス
フォックス

構図を斜めにすると、水平よりも不安定な印象になります

フレームに対して構図が平行だと安定、フレームに対して斜めだと不安定な印象を伝えます。

不安定だと、これから何かが起こりそうな雰囲気や、不穏な雰囲気が伝わります。

【まとめ】構図は伝えたいことをフレームに収めること

フォックス
フォックス

まとめると、構図というのは伝えたいことをフレームに収めることです

まとめ

  • 構図を考える時はフレームを描く
  • 対象物にフレームが寄ると主観的、引くと客観的に伝わる
  • 感情を伝えたい時には、対象に寄ると感情移入しやすくなる
  • 構図に対して対象物が水平だと安定、斜めにすると不安定になる
アキ
アキ

その絵で何を伝えたいのかを考えて、対象物をフレーム内に配置すればいいわけね

以上フォックスでした。それではまた!

※0円から始めるイラスト・マンガのオンライン講座という近道

絵のスキルをきちんと身につけるなら、お絵かき講座パルミーが早いかもしれません。パルミーは1週間の無料体験があります。これを使ってイラスト・マンガの基礎を学ぶのもありです。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP