【初心者向け】手の描き方【簡略化して描こう】

手がうまく描けない人向けの記事です。

手が難しくて描けないんですけど・・・。

描くコツがあったら教えてほしい。

手を描くのって難しいですよね。

今回は手の描き方について説明します。

こんにちは、フォックスです!

私が受講している「お絵かき講座パルミー」の手の描き方講座があるので、今回はこの講座から一部を紹介します。

手は簡略化して捉えよう

アキ
アキ

手はどうやったらうまく描けるの?

フォックス
フォックス

いきなりちゃんと描こうとしないで、簡略化して捉えましょう。

これはパルミーの講座で私が描いた手で、見ての通りブロックで描いています。

「手の甲」、「指の付け根」、「親指」、「4本指」の各パーツごとに色分けしています。

こうしてみると手がシンプルに見えますね。

手は複雑ですから、最初は手のシワなどの細かいことは無視して、簡略化して捉えるようにします。

手の基本的な情報を知る

では、手を理解するために基本的な情報を知っておきましょう。

アキ
アキ

色分けしてる基準はなに?

フォックス
フォックス

基準は関節だよ

手は複雑なので捉えどころがありませんので、関節(曲がるところ)別で捉えると、手を構成別に考えられるようになります。

【まとめ】まずは簡略化して描こう

アキ
アキ

わかったぞ!複雑な手を一気に描こうとするから難しいんだ!

手の形は複雑です。ですので、凹凸やシワは無視して図形化すれば理解しやすくなります。

フォックス
フォックス

手を描くのが難しいと思ったら、最初はカンタンな形にして描いてみよう。

以上、カンタンですが手の描き方について説明しました。

こんなふうに、初心者向けに手の描き方も「お絵かき講座パルミー」で勉強することができるので、気になった人はチェックしてください。

フォックスでした。それではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP