【イラスト初心者向け】分かっているようで分かっていない目の構造を解説!

目の構造が分かっているようで分かっていないイラスト初心者

目を描いているんだけど、いまいち構造がわからない

どんな構造なっているのか参考までに知りたい

こんな悩みに回答します。

こんにちは、フォックスです!

ゲーム業界で20年以上働いているサラリーマンです

このブログはゲームデザイナーを目指す初心者向けに役立ちそうな情報を発信しています。

今回はお絵かき初心者の人が知ってるようで知らない、目の構造について解説します。

私も実はあやふやだったので、イラストレーターのダテナオトさんの「ダテ式おえかき塾 90日間で変わる画力向上講座」を読んで改めて学びました。

今回は本書から引用してご紹介します。この記事を読めば、目の構造を理解して制作にすぐ活用できると思います。

ぜひ最後までお読みください!

リアルな目の構造を知る

まずはリアルな目の構造を理解してポイントを押さえましょう。

黒目の構造は立体的ですね
  • 目は白目と黒目に分かれている
  • 黒目はドームのような「角膜」に覆われていて、その中はすり鉢のような「虹彩」がある
  • 虹彩の底に「瞳孔」がある

リアルな目の構造とパーツをしっかりと頭に入れておきましょう。

POINT

リアルな目の構造を知っておこう

瞳孔の位置でよくあるミス

次に瞳孔の構造を解説します。

角膜がドームになっており、内部はすり鉢、そして底に瞳孔があります。

瞳孔部分がくぼんていることがわかります

見る角度によって瞳孔がどのように見えるか確認してください。

よくあるミスを紹介しておきます。

瞳孔が白目の中央にあったり、貼り付いたようにならないように気をつけましょう。

POINT

黒目と白目は立体的に作られていることを知っておこう

まぶたの描き方

まぶたはどうなっているでしょうか?

大きく5つのブロックで構成されていると本書では解説されています。

描き方やどこを省いてどこを残すのかは作家さんによるとのことですが、いろんな絵を見てみるといいみたいですね。

まぶたは簡略するとくぼんでいます。

角度をつけるとどのように見えるか確認してください。

POINT

目は基本的に5ブロックでできていて省略具合は作家さんによるので、たくさん見てみよう。

横顔の目の描き方

それでは横顔の目の描き方をみてみましょう。

デフォルメの仕方が違います

デフォルメでは、出っぱったりへこんだりいろんなパターンが考えられます。

こちらも作家さんによって描き方が違うので、いろいろな絵を見比べてみましょう。

POINT

横から見た時の目の形は正解はないのでいろんな作家さんの絵を見てみよう。

角度による目の見え方の違い

それでは、角度によって両目がどのように見えるのか比べてみましょう。

正面から見た時の両目の面積は左右どちらも同じです。

角度をつけていくと目の横の比率は小さくなっていきます縦の比率は変わりません。

見え方が変わっても奥の目が実際に小さくなるわけではありません。

まつ毛の生え方

最後にまつ毛の生え方を見てみましょう。

まつ毛はまぶたの縁の部分から放射状に生えています方向がバラバラにならないように気をつけてください。

まとめ

お疲れ様でした。それではまとめです。

今回は目の構造について学習しました。

今回学習したこと

  • 目は白目と黒目の部分があり、黒目は角膜のドームがあり、内部はすり鉢状の虹彩、そして奥に瞳孔がある
  • 瞳孔はすり鉢の底にあるため、見る角度によって違う
  • まぶたは基本的に5つのブロックで構成されているが、作家さんによって描き方がさまざま
  • まぶたはくぼんでいる
  • 横から見た時の目のデフォルメ具合も作家さんによってさまざま
  • 角度によって目の見え方が違うが縦の比率は変わらない
  • まつ毛はまぶたの縁から放射状に生えている

いかがだったでしょうか?思っていた以上に目は立体的な構造をしているなと思った方もいるのではないでしょうか。

簡略化されたイラストをずっと描いていると、基本的な構造を忘れがちになるので気をつけたいものですね。s

今回ご紹介したことは本書に書いてあります。詳しく知りたい方は実際に手に取ってみてください。

このブログはこのようにデザイナー初心者向けの情報を発信しています。この記事が気に入った方は、いいねやブックマークしてもらえるとうれしいです。

フォックス
フォックス

それではまた次の記事でお会いしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP