【色々な髪の描き方】髪型ごとの描き方のポイントをカンタンに解説

キャラクター描いているといつも同じ髪型を描いちゃう

もっといろんな髪型を描いてみたいけど、特に三つ編みと縦ロールなんて描ける気がしない

うまく描くコツないのかな?

こんにちは、フォックスです!

今回は色々な髪型の描き方についてお話しします。

髪型はたくさん種類がありますよね。セミロング、ショート、ロング、テール系、三つ編み、縦ロール・・・。

でも、三つ編みや縦ロールなんて難しそうだから描いたことがない。

そんなアナタに向けて、私が受講した「お絵かき講座パルミー」から色々な髪型の描き方のコツを解説します。

ショートヘアの描き方

ショートヘアは髪が短いので、一本の毛が毛先から襟足まで届くことはありません

ショートヘア
  • 内側の短い髪を多めに描く
  • 所々外にはねた髪を付け足すと活発なイメージになる
Point!
・ショートは跳ねた髪を付け足す
・内側の短い髪を太めに描く

ロングヘアの描き方

ロングヘアは横髪や後ろ髪の線の距離が長いです。

ロングヘア

そのため、距離が長くなればなるほど毛先の分かれが多くなり、捉えなければならないため毛たばが多くなるため、時間がかかります。

  • 見えている部分も多い分、見えていない部分の情報にもこだわる必要がある
  • 見えない部分も意識して、始点から終点まで描く
  • 髪束は外側の束は細く、内側は太くするする
見えない部分も意識
見えない部分も意識します
Point!
・ロングヘアは見えない部分もつなげて描く
・外側の束は細く、内側は太く

ポニーテールの描き方

ポニーテールの特徴はつむじが隠されていることです。

ポニーテール
  • 髪を結んでいる結び目を意識する
  • おでこの生え際から結び目へ髪の流れを描く
  • 頭の輪郭に沿って描く

ポニーテールは頭の形が出るので頭の輪郭をしっかり描くこともポイントです。

Point!
・テール系は生え際から結び目への流れを描く
・頭の輪郭に沿って描く

ツインテールの描き方

ツインテールは結び目が2箇所になりますが、ポニーテールと同じです。

ツインテール
  • 基本的な考え方はポニーテールと同じ
  • 2箇所の生え際と結び目を意識する
2箇所の結び目と生え際を意識

三つ編みの描き方

三つ編みはアルファベットの「Y」の字を書いてその後に線画を付け足すとわかりやすいです。

三つ編み
  1. 「Y」で骨組みを作る
  2. アウトラインを描く
  3. 線を足す
yの字を作る

アルファベットの線をそのまま描いてしまうと骨組み感が残るので、部分的に線を消すと自然になります。

骨組み感をなくす
Point!
・三つ編みはYの字から作る
・部分的にY字の線を消す

縦ロールの描き方

縦ロールはいきなり線で描くのは難しいので、着色しながら作画するとわかりやすいです。

縦ロール
縦ロールの描き方
  1. シルエットを描く
  2. 消しゴムで同じ方向にスキマを作る
  3. 裏面になる髪を塗る
  4. 最後にシルエットに合わせて線を描く

縦ロールは表面と裏面に分けて描きましょう。

表面と裏面の流れの向きが同じになるように注意してください。線画で髪の流れも付け足すとリアル感が増します。

Point!
・縦ロールは表面と裏面に分けて着色
・表と裏の流れの向きに注意
・線画で髪の流れを付け足す

以上、色々な髪型の描き方をカンタンに説明しました。それではまた!

パルミー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP