【ネタバレなし】旧作ファンによる『新サクラ大戦 the Stage 〜二つの焔〜』感想

去る2021年12月、舞台『新サクラ大戦 the Stage〜二つの焔〜』が公演されました。

本作はセガゲームズのプレイステーション4用ソフト『新サクラ大戦』を原作とした舞台です。

旧作サクラ大戦ファンである私(フォックス)は配信動画で視聴しましたので、感想をお伝えします。

この記事はネタバレをしませんので未見の人も安心して読んでいただけますが、『新サクラ大戦』をプレイしてクリアした人前提で書いているので、その点だけはご容赦ください。

原作に忠実

この舞台はゲームのキャラクターとストーリーを忠実に再現しています。

「歌謡ショウ」では、花組の日常や劇中劇が演じられましたが、このthe Stageはゲームの再現です。

しかしただ再現するだけでなく、脚本・演出共にブラッシュアップされ、ストーリーやキャラクターに感情移入しやすくなっています。

舞台でも音楽は田中公平先生が担当されているもファンからしたらうれしい一事。この舞台のための新曲も作られております。

今回の『二つの焔』では上海華撃団と倫敦華撃団が登場し、華撃団大戦が繰り広げられます。

舞台のストーリーについては詳しく触れません。ゲームとの違いを比べるのも楽しいので実際観て確かめてほしいです。

この人たち以外いない、というくらい完璧なキャスティング

歌謡ショウでは舞台上でもキャラクターの声優さんご本人が演じられてましたが、the Stageのキャストは本作のためオーディションで選ばれています。

『天宮さくら』役の関根優那さん

声優さんにできなかった理由として、田中公平先生のインタビュー記事でおっしゃっています。声優さんたちのスケジュールを抑えることが忙しく、まとまった稽古時間をとる事が難しかったからだとのことです。

オーディションの審査は田中先生も関わられているようで、厳選に厳選されたようです。

結果、これは功を奏したと思います。どの役者さんもゲームのキャラクターと比べて違和感がありません。というかそのものです。

立ち振る舞い、言動、細かい表情や手足の指の先に至るまで、キャラと一心同体となっており、出演者の方々の研究、努力、練習量、意気込みといったものがヒシヒシと伝わってきます。

『焔』では上海華撃団、倫敦華撃団の新キャラクター4人の方が新たに追加されました!

シャオロン役に本条万里子さん、ユイ役に西田ひらりさん、アーサー役に楓さん、ランスロット役に小松穂葉さん、いずれも魅力ある方々が演じられています。

『ランスロット』役の小松穂葉さん

本当観ていただけるとわかるのですが、「良くこれだけそろえた」「この人たちでよかった」と思えるキャスティングですので、これもぜひ確かめてほしいです。

以上のように、脚本、キャスティング、演出など総じて本舞台の制作はサクラ大戦とファンを大事にしている作品であることが感じられます。

アクション映画並みのアクション量

この舞台はアクション量が半端ないです。前回よりさらにボリュームアップし、そして派手になりました。

  • 階段を使ってジャンプしたり飛び移るといった高低差を活かしたアクション
  • 華撃団大戦での上海、倫敦華撃団との戦闘
  • 朧との再戦
  • 夜叉との戦い

中でも個人的に特筆すべき戦闘シーンは夜叉との戦いです。

夜叉の華麗なみなこなし、見事な剣さばきは華撃団を圧倒するし、観ているこっちも魅了されます。「破邪剣聖・桜花放神」もキマッており、めちゃくちゃ強いし殺陣がめちゃくしゃカッコいいです。

夜叉を誰が演じているかはネタバレになるので、実際に確かめてほしいです。

各所に散りばめらたサクラ大戦らしい演出

ゲームらしい演出が各所に盛り込まれています。

この舞台では神山隊長は声のみの出演ですが、観客=隊長という体で進行し、観客は隊長(プレイヤー)視点で観劇することができます。

プレイ感覚になれる要素として、クラップLIPSという演出があります。

LIPSとはサクラ大戦ならお馴染みの要素ですね。これはゲーム中に選択肢が現れて、選んだ選択によってキャラクターの隊長(プレイヤー)に対する好感度が変わる、というものです。

舞台では、拍手(クラップ)の大きさで途中現れるLIPS選ぶことができるのです。

物語の進行に影響しませんが、選択によってキャラクターのリアクションが異なります。現場の隊長さんたちがどちらの選択を選ぶのかおもしろかったです。

他にも、サクラ大戦といえばお決まりの「勝利のポーズ」「次回予告」を挟むなど。ファンにとってはうれしいサクラ大戦のゲーム的な演出がたくさん散りばめられています。

どこでどんなクラップLIPSが出てくるかも、これまた実際に観て確かめてください。

後半はミニライブも!

ストーリーパート終了後にはミニライブがあります。

「新ゲキテイ」、「新たなる」や、「花の戦士」他、新旧ファンにとってはうれしい楽曲ばかり。また、この舞台のために田中先生が書き下ろされた新曲も楽しみの一つです。

第一弾上演の『花の戦士』

本作『焔』では、もちろん上海華撃団と倫敦華撃団のテーマ曲もあったので聴けて良かったです!

劇だけでなくライブも楽しめる贅沢で盛りだくさんな2時間半でした。

見終えた感想

劇とライブ含めて2時間半。途中休憩が一度もなかったのには驚きました。

どんなライブや舞台でも2時間半あれば合間にはMCや間奏、アンコールなどで小休憩を設けるものだと思いますが、このthe Stageは休憩がありません。

出だしから終了までぶっ通しの全力舞台です。情報量、熱量がすごいし、そしておそらく稽古の量も半端じゃありません。

これだけのエンターテインメントを作り、楽しませてもらいサクラ大戦ファンで良かったと思いました。

次回第3弾の上演は未定ですが、2022年の4月の『桜花之宴<第二幕>』で何か発表があると期待していますが、引き続き今後の動向に注目です。

この舞台が気になっている人は、第一弾は発売中、『二つの焔』は予約受付中ですのでチェックしてみてください。観れば新サクラ大戦が好きになると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP