【クリスタ初心者】流線・集中線の使い方をわかりやすく解説!

クリスタを使い始めたんだけど、流線や集中線の引き方が分からない!そんな方にわかりやすく

クリスタの流線・集中線の使い方がよく分からないから教えてほしい

こんにちは、フォックスです!

今回はCLIP STUDIO PAINTの流線・集中線の引き方について解説します

最近クリスタを勉強するため、こんな参考書を買いました。

「iPad&クリスタで描く ゆるゆるマンガ道」(青木俊直著/玄光社)です。

今回は本書から引用して流線・集中線の引き方を紹介します。

流線の引き方

フォックス
フォックス

まずは流線の引き方について解説します

クリスタを持っている方は試しながらやってみてください

1.流線を引きたい部分を自動選択ツールで選択

自動選択ツールで流線を引きたい部分を選択します。

2.サブツールで「まばら流線」を選択

3.ツールプロパティの設定

ツールプロパティの設定をします。

流線を後から修正できるよう、「描画先」を「常に流線レイヤーを作成」にしておきます。

これによって後から修正できるようになります。

4.基準位置を決める

ドラッグで基準位置を決めます。

ちょっとわかりにくいですが、始点・中点・終点をタップして最後にダブルタップします。

5.流線が引かれる

流線が引かれました!

新しく流線レイヤーが追加されています。

集中線の引き方

フォックス
フォックス

次に集中線の引き方を解説します

1.集中線を引きたい部分を自動選択ツールで選択

集中線を引きたい部分を自動選択ツールで選択します。

2.サブツールで「集中線」の「まばら集中線」を選択

3.ツールプロパティの設定

ツールプロパティで「描画先」を「常に集中線レイヤーを作成」にします。

4.基準位置を決める

ドラッグで基準位置を決めます。

5.集中線が引かれる

集中線が引かれました。

集中線レイヤーが追加されています。

流線と集中線を後から修正する

一度作成した流線と集中線は後から修正することができます。

オブジェクトツールのツールプロパティの数値入力やポインタを動かして修正します。

特殊定規を使った引き方

フォックス
フォックス

それでは、特殊定規を使った効果線の引き方を解説します

1.「定規作成」からサブツールの「特殊定規」を選択

「定規作成」からサブツール[定規]の「特殊定規」を選択します。

2.ツールプロパティの設定

ツールプロパティ[特殊定規]で「平行線」を選択します。

「編集レイヤーに作成」のチェックを外します。

3.流線方法にドラッグする

流線方向にドラッグすると紫色の平行線定規が現れます。

レイヤーパレットの一番下に定規レイヤーが追加されています。

4.線を引く

この状態でペンで線を引くと定規にスナップして流線を引くことができます。

特殊定規の集中線の引き方

特殊定規で「放射線」を選びます。

放射線の中心点を決めてペンで線を引くと定規に沿って放射線を引くことができます。

まとめ

さて今回は流線と集中線の引き方、特殊定規の使い方について学びました。まとめです。

流線・集中線の引き方まとめ

  • 流線を引くには流線ツールを使う
  • 集中線を引くには集中線ツールを使う
  • 流線と集中線はツールプロパティで後から修正できる
  • 特殊定規を使うと好きなペンを使えるので自由度が高い

いかがだったでしょうか。この記事を参考にして、さっそく流線・集中線を試していただけると幸いです。

もしこの記事で本書が気になった方は手にとってみてください。マンガで解説されていてわかりやすいです。

iPadを持っている人はクリスタで漫画制作をスタートしてもよいかもしれませんね。

このブログは初心者クリエイター向けにクリエイティブな情報をお届けしています。気に入りましたら、他の記事も読んでいただけると私のモチベーションアップにつながります。

フォックス
フォックス

以上フォックスでした、それではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP