【Blender】3DCG初心者向け「モデリングはどんなことをしているのか」解説

3DCGの「モデリング」っていったい何なの?

モデリングはどんなことをしているのか知りたい

こんにちは、フォックスです!

今日もクリエイティブなことしてますか?

今回は3DCG超初心者の方向けにモデリングについてお話しします。

3Dは映像でゲームでよく目にしていますが、どんなふうにモデリングが作られているのか気になっている人もいるのではないでしょうか。

そこで今回は「剣」のモデリングを例にして解説します。難しい説明はしませんので、この記事で何となく分かってもらえたら嬉しいです。

今回のモデリングで参考にさせていただく本は、初心者に超やさしいBlender 2.8 3DCG スーパーテクニック」です。



それではお題です。

本日も楽しく勉強していきましょう!

ツバの作成

まずは剣のツバをモデリングします。立方体のポリゴンから作ります。

アキ
アキ

ポリゴンてなに?

フォックス
フォックス

「ポリゴン」というのは、3点以上の「頂点」で結んだ多角形のことで面を構成する単位です

この立方体を変形したり、面取りしたり、面を押し出して、ツバっぽい形に整えていきます。

サイズを変える

立方体のスケールを変えてツバのサイズにします。

面取りする

角を「面取り」します。3D作業ではよく「ベベル」をかける、といいます。

面を押し出す

面に新しい面を差し込んで、面を「押し出し」ます。

下の面も押し出す

下の面にも同様に面を作って押し出します。

ネコット
ネコット

面取りや押し出しは、そういう機能があるわけ?

フォックス
フォックス

それぞれそれ専用の機能でカンタンにできます

POINT

・モデリングはポリゴンで作っている

・ポリゴンとは3点以上の頂点で結んだ面を構成する単位である

・サイズを変えたり、面取り、押し出したりしながら形取っていく

刃の作成

次に刃を作っていきます。

刃を押し出すための面を差し込む

刃を出すための面を作ります。

面を押し出して刃の部分を作る

上に向かって面を押し出します。

刃に辺を足す

刃の形状を整えるために刃の部分に「辺」を足します。

アキ
アキ

辺ってのはなに?

フォックス
フォックス

形状を細かく作り込んでいきたいときに足すもので、エッジともいいます

刃の形状を整える

先端の「辺」のサイズを調整して刃の形状にします。

刃に面を差し込む

刃に新しい面を作ります。

刃をとがらせる

ポリゴンの「頂点」どうしをくっつけて鋭利にとがらせます。

刃が完成

刃が完成しました!

このように必要に応じて辺を足して頂点を編集しながら、より細かい形を取っていきます。

POINT

・頂点と頂点を結んでいるのは線は、「辺」または「エッジ」と呼ぶ

・「頂点」を調整して尖った表現ができる

柄の作成

最後に柄を作ります。

柄もこれまでと同じような工程でツバから下の面を押し出し、握りの部分に辺足して形を作り込んだら完成です。

柄もツバの方から面を押し出し・・・
形状を作り込みます。
完成しました!

まとめ

それでは本日勉強したことをまとめます。

まとめ

  • モデリングは基本的に立方体から作る
  • ポリゴンとは3つの頂点からなる面の最小単位である
  • ポリゴンを変形、面取り、押し出し、辺を足しながらその形らしくディテールを出していく
  • 変形や面取り、押し出しなどは3Dの機能でカンタンに行える

いかがだったでしょうか?カンタンでしたが初歩的なモデリングを紹介しました。

モデリングがどんなことをしてるのか知らなかったという方は多いと思いますがこの記事でざっくりとですが分かってもらえたと思います。

もし3DCGに興味が出た、やってみようかなと思ったら無料のBlenderから始めるのがいいでしょう。

いきなりキャラクターなど作るのは難しいので、今回のような超カンタンなモデリングから慣れましょう。

本書も初心者向けなのでオススメします!

今回は以上です。最後に私のやる気アップとさらなる記事のクオリティアップや励みにつながりますので、登録やフォローをよろしくお願いします。

フォックス
フォックス

それではまた次の記事でお会いしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP