【映画】ロボコン 青春映画が観たい時にオススメ!

こんにちは、フォックスです!
最近映画は観てますか?

長澤まさみ主演の「ロボコン」を観ました。

私にとって本作は「何回観ても飽きない映画」のひとつですので、ちょっとだけご紹介します!

長澤まさみちゃんが可愛い映画ね

ロボットコンテストを題材にした映画

ロボコンは、高専のロボットコンテスト(通称ロボコン)を題材にした、2003年の日本映画です。

高専ってなんだ?

5年制の高等専門学校のこと

5年で工学・技術・商船系の専門教育で技術者を養成する学校です。

主要キャストの顔ぶれが豪華

落ちこぼれの高専生の里見(長澤まさみ)が、仲間たちとロボコンへ出場し、全国大会優勝を目指す青春ストーリーです。

出演者は、本作が初主演映画となった長澤まさみの他、小栗 旬、伊藤淳史、塚本高史といった豪華キャスティングです。

成長とチームワークがアツイ

ロボット部は小栗旬が設計するロボットで、ロボットコンテストの練習試合に出場します。

コンテストでは他校のロボットと試合をして、あっさり負けてしまいます。

初めはやる気が無かった主人公ですが、他の学校の部員が楽しそうにしているのを見て、羨ましさを覚えます。

それに、試合に負けても全く悔しがる様子もない部員に腹を立て、それを反面教師にやる気が芽生え、部員を奮い立たせようとします。

部員たちは、主人公の熱意を疎ましく思い、互いに喧嘩を繰り返しますが、次第に心を入れ替えて、チームワークを作りながら、大会に出場して勝つことを目指します。

この主人公たちの行動や心の成長に、感情を呼び起こされてつい目頭が熱くなります。

ロボコンの試合が面白い

試合ってロボットどうしが殴り合うんだろ

いやいや、アイアンスティールじゃないんだからw

試合は箱の運搬競争だよ

3箇所のスポットに、制限時間内により多く高く積み上げた方が勝者です。

各校のロボットはどれもオリジナルで、見た目も動き方も違うので、試合模様も見てて楽しいです。対戦校には、実際の高専生の方とロボットを起用しています。

演技、演出が控えめで見やすい

全体的に、自然体な演技や演出が抑えめです。

自然な演技やセリフ、テレビ中継のようなロボコンの試合演出、実際の高専生のエキストラの起用、カット多用せず、とある時は長回しや引きで撮るカメラワークや、のんびりした音楽など、総じて本作特有の空気感があります。

その空気感が心地良く、何回も観ているところがあります。

好みは分かれるかもしれないけど、一見してみてはいかがでしょう

長澤まさみちゃんと小栗 旬くんが
爽やかすぎてキュンとする!

蛇のロボットが良かった!

▼「ロボコン」はAmazonプライムビデオで視聴可能です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP